ド素人考察

ド素人が、どっかで見て気にいったモノや思いついたモノを出来そうな範囲でなるべく簡単にあんまりお金をかけずに小学生になら喜ばれる程度のクオリティでとりあえず工作してみる、そんな感じ。 最近は雑談がメインなんで、タイトルを工作から考察にコッソリ変えたのはここだけの秘密

狩猟

射撃大会~少林寺西讃ブロック~文化祭

前の記事に書いた原二ツーリング。


この翌日、猟友会の先輩(老人)に呼び出された。


何事かと問うと猟友会主催の射撃大会やから鉄砲持って集合とのこと。


クレー射撃なんぞ、免許をとる過程でやらされた以来やってない。


ルールさえわからん。


そんな中始まった大会。


結果は言わずもがな。


ただボクの左に出る者もかなりいたので目立たなくてよかった。

IMG_3639
ジジイだらけ…









その翌週には少林寺拳法西讃ブロック大会があった。


ボクは雑務要員として駆り出された。


スタッフ不足なのか、いつもより忙しい。


そんな中ちょっと気になったのが点数のつけ方。


大きな大会と違い、少し略式の採点方法


悲しいかな忖度が通ってしまうザルな採点方法。


もちろんそんな事はないとは思うし、やる人もいないと思う。


が、やろうと思えばやれるし、逆に邪推される心配もある。



あと演武披露の順番による問題。


これには発表順による有利不利が間違いなく存在する。





ただ、以上の事は地方大会では当たり前の事。


ボク自身も多少気になる程度で今までスルーしてきた





しかし今回、1位を逃して涙を堪える拳士を見た。


話を聞くと、負けて悔しいのではなく、納得できなくて悔しいのだという。


本気で取り組んでいるからこその悔し涙。


「今回は順番が悪かったな。」


「あの採点はちょっと厳しかったな」


それでは納得ができないのだ。


「納得できない」と口にする人がいれば、その意見を拾う必要はある。





もちろん運営側には出来ることと出来ないことがある。


それこそ採点云々となれば、本部以外は手出しできない領分なのだろう。


毎回運営は 大会が終われば反省点を洗い出し、次に向けての対策を立てている。


下っ端には思いもよらないメンドクサイ諸事情諸々 山ほど存在するのであろう。


それはもうめちゃくちゃ頑張ってるのを知っている。


知ってるからこそ


「下っ端は、下っ端らしく黙っとけ!」


そう言われるとぐうの音も出ねぇ。





うーん、この辺の問題は考えれば考えるほど根が深いというか何というか…。




ただ、これからを担う有望な拳士が、少林寺を好きで続けていく為に、何かしら善処していく必要があるように思う…






…と、隣の見知らぬオッサンが喋ってました!

オッサンは今頃当局に消されてるかもしれんな…

BlogPaint











さてさて、その翌週は某小学校の文化祭に演武披露しに行った。


急に言われたので、練習時間は約1時間半。


構成なんぞ考える時間もない。


今回の相方が初段なので、2段昇段審査の演武を丸パクリ。


いや、丸パクリどころかダウングレードバージョン。


本番では練習不足を誤魔化すため&迫力を出す為、相方を蹴りまくった。


もちろん蹴り込みはしないのだが、当て止めとは言えない蹴りを入れまくった。


事前に了承は得ていたが、誠に申し訳ない事をした。

img_0








何気にバタバタしたこの一ヶ月。


狩猟も解禁され、来週からは猟友会の長老達との憂鬱な山歩きが始まる。


しかもぼちぼち忘年会シーズンが本格的に到来する。


無事 年を越せるよう、そこそこセーブしてなんとかやり過ごしたい。



雪山で狩猟

朝 庭を見てビックリ。


雪で真っ白!


他所でしこたま雪が降っても ここら辺は降らない。


そんな町が見事に真っ白になってる。


しかもそんな極寒の中、今期最後の狩猟に駆り出された。





家を出てまたもやビックリ。

IMG_2859

今日は無事帰ってこれるのだろうか・・・。






なんとか集合場所に到着し、早速雪山に向かう。


IMG_2862

到着。

IMG_2863

IMG_2872

深いところで20センチくらい積もってる。


こんなに雪降ったの10年ぶりくらいちゃうか・・・。


とりあえずモーレツに足の指が痛ぇ。


こんな中やのにマゾ猟師たちは足を進める。


IMG_2870

ジジイばっかりやのになぜそんなに元気なのか・・・。







犬は喜び庭駆け回るというが、うちのポインターどもは寒さで硬直。


IMG_2869

毛が短いんでそりゃ寒いだろう。


IMG_2868

毛の長いセターだけがムダに元気だった。






で、猟果というと・・・


聞かないで(´Д⊂)











手ぶらで家に帰ると、バカみたいにはしゃぐ人影がふたつ。


次男と三男がキャッキャウフフと遊んでる。

BlogPaint

クオリティの低い雪だるま・・・(特に左)

BlogPaint

オマエ中3やぞ!




地元では本当に珍しい雪に降られておおはしゃぎ。


さてさてボクもヒマなんで、雪でなんか作ろうかな…


やっぱり寒いんでヤメとこう



狩猟解禁

11月15日、そこまで待ちに待ってはないけれども狩猟解禁。


で、こないだの休日に久方ぶりに愛銃を持って猟仲間(爺ばっかり)と山にお出かけ。


山手の集落の中を車で走ってると、畑に4~5匹のイノシシの群れを発見。


ただ、猟区内とはいえ、民家の近くではバンバン鳴らせない。


仲間のオッサンがそこらへんの人に撃ってもいいか聞きにいったところ・・・


家からワラワラと人が溢れ出し、みんな挙って


「頼むから撃ってくれ」


と懇願される。


しかもその中の一軒は、みんな黒服を着ている。


どうやらこの後お葬式らしい。


そんな中でも撃ってくれということは、さぞかしイノシシに迷惑してるんだろう。







狩猟仲間4人で畑を囲む。


ただボク等、いやボクに限り完全に鳥撃ち専門。


イノシシ用の弾なんてもってない。


仕方ないのでカモ用の弾を装填。


しかも鳥のときと違い、イノシシの場合は地面と平行射撃。


撃ってはいけない方向が多い事 多い事><




で、結果

IMG_2777

4頭ゲットだぜ
(手前に一頭いる)



ただこの中に、ボクの弾で逝ったヤツは一匹もいねぇ・・・。



初めて動き回るイノシシ相手に発砲したのだが やっぱり怖ぇ。


なんか色々怖ぇ・・・。




このあと集落の人が代わる代わるイノシシを見に来た。


どうやら動かなくなったイノシシは初めてらしい。


で、めちゃくちゃ感謝された。



猟仲間曰く


「長い間猟してるけど このパターンは初めてだ」


らしい。


こんな集落総出で応援されながら撃つのは、そりゃ初めてだろう。


なかなかいい経験になった。




でもイノシシは怖いので、出来れば遭遇したくないなぁ・・・。







銃猟解禁

11月15日、待ちに待った銃猟解禁日


しかし今年は仕事の都合で行くことが出来ず。


というか、今月はもう休みがない・・・。


来月まで猟はおあずけ。




意気揚々と出かけていった親父連中を羨ましく見送る。


初猟は結構獲物が出る。


それ故に尚更羨ましい。


悔しい思いを内に秘め、淡々と仕事をこなす。







猟仲間が帰ってきたのは午後4時過ぎ。


何が獲れたか聞いてみると、一言


「・・・ボウズやった・・・。」


「キジの姿さえ見えなかった・・・。」


と言う。


初猟やのに珍しいですね~・・・なんて話をした。


が、内心


うははは、ザマーミロ!


と、ボクの内側の悪魔が絶叫しながら小躍りしてる。

Lv_1_up37442






とりあえず、ボクの初猟はもうしばらく先になりそう。


それまでにハンターに撃たれない様に隠れとけよ、キジ。



スッポン再び

だいぶ前の記事にも書いたが、この時期になるとウチの仕事場にはスッポンが集まってくる。


今年もすでに大小あわせて4匹集合した。


全て食用である。

IMG_1861

汚いにも程があるバケツで泥吐かし中。


一日一回は水を入れ替えます。

IMG_1859

大物一匹追加。合計4匹。



結構キタないところに居たりするので念入りに泥を吐かす。


かれこれ2週間くらい放置してるところへ、知り合いの料理人が現れた。


金比羅宮のお膝元のホテルで副料理長をしてる本気の料理人。


どうやら今日は非番らしい。


「手が空いてるんやったら、捌いてくれる?」


とお願いしたところ快く了承してくれた。


素晴らしい手際で4匹をあっという間に捌いてくれた。




以下グロ注意。


スッポンのバラバラ画像なんで、見たくない方はご遠慮下さい。











IMG_2087
黄色いのは卵。


どうやら全てメスだった模様。


もうちょい放置してたら産卵したかもしんない。

IMG_2089

今期一番の大物の頭。


生きてる時は、この頭が3倍位伸びます。


他所様のスッポン鍋は食べたことないのでわからないが、ウチのまわりでは鍋の中に頭や手がそのままの状態でグツグツ煮込まれてます。




みんなで美味しく頂くので、迷わずに成仏して下さい。



スポンサードリンク
プロフィール

シロ

スポンサードリンク
スポンサードリンク