ド素人考察

ド素人が、どっかで見て気にいったモノや思いついたモノを出来そうな範囲でなるべく簡単にあんまりお金をかけずに小学生になら喜ばれる程度のクオリティでとりあえず工作してみる、そんな感じ。 最近は雑談がメインなんで、タイトルを工作から考察にコッソリ変えたのはここだけの秘密

少林寺拳法

2019 少林寺拳法香川県大会

今年もやってきました少林寺拳法香川県大会


ボクは相も変わらず下っ端要員として駆り出された。


下っ端なので、なかなか身動きがとれない。


同じ道院の出場拳士に 激励の声すらかけられない状態だ。


そういう状態なので、写真は一枚も撮ってない。


っていうか撮れるはずもない。


なんせ下っ端なのだから・・・。








大会自体は滞りなく終了した。


結果は、今年も坂出専修道院の活躍が目立ちまくった!そんな大会だった。

大会結果一覧近日中に公開)



まぁ国レベルの大人がゴロゴロいる道院だ。


子供達も大人顔負けの構成の演武をする。


坂出専修道院の演武は凄く派手でカッコいい。


例えるなら、まるで香港映画のよう。


ボクからしたら複雑な構成の演武を、子供達が何食わぬ顔でこなしている。


トンでもない練習をしてきたんだなと見ただけでわかる。


演武の好みは別として、そこは正直尊敬している。









そんな中、今回ボクが指導を担当した子達が見事3位に入った。


天下の坂出専修の拳士と同点での3位。


なんで同点で3位なのかはわからない。


拳士の年齢とか段(級)位の有利不利があるのか?


発表されない加減点要素があるのか?


はたまた謎の力のせいなのか…!?


詳細は全くわからない。





でも胸を張っていいと思う。


なんせ、ウチの演武は派手ではない。


基本に忠実で正確な演武を目指している。


しっかりと狙った攻撃を、しっかり受けて反撃する。


それを目指して練習し、その演武で1位と同点だったのだから。











などと、達人が物申すようなことをここで述べてみたのだが・・・


一通のメールが入った。


添付画像をみてみると

IMG_4106

盗み撮りされてる!?








しかも何故か心の声まで・・・。


エスパーの仕業か??












こんなヤツに偉そうに言われたくない?


仰る通りです。





演武会

先日 少林寺拳法財田道院が主催する演武会があった。


先生から「来れたら見に来い」程度のお誘いしか受けてなかった。


が、ちょうど休みだったので見に行った。


午前10時開始だったのだが、少し遅れて行った。


で、影からこっそり見学。


なんでこっそり?


こっそり見学し、こっそり帰る そんな計画だった。


しかし我が道院の先生に見事に見つかり連行された。


ここで計画は早くも頓挫した。


連行された先はお偉い方が座ってるところ。


しかも皆さん正装してる!?


ボクはといえば安定の「しまむらコーディネート」


お偉方の足元は揃ったように白いシューズ。


その中にキラリと光る5本指ソックスが観覧者からの笑いを誘う。


こんなことなら、もうちょい小奇麗な格好をしてくるべきだった・・・。

121030010












今回の演武会では、道院やスポ少単位で複数組がいっぺんに披露する。


なので演武披露自体は一時間そこそこで終わった。


内容も普段の大会のように細かいルールもなく、もちろん順位なんて決めない。


諸々の制限がないため、年少者から有段者まで、のびのびとした演武をしていた。


こういう雰囲気の中での演武会はなかなか面白かった。


普段の大会ならあまり出たくはないのだが、これだったら出てもいいかも・・・。


ウチの道場の女子高生に頼みこんで、次回お相手願おうかな。

b4062d9586fa8722a47355d0244f22f4_600




さてさて、3月も後半になって、長男坊の進学がやっと決まった。


今から準備となると、もうしばらくは忙しいかもしれない。


今年は花見はムリくさいなコリャ。


とりあえず、やっとひとつ 肩の荷が降りた。


自粛してた遊びもボチボチ解禁していきたいな



射撃大会~少林寺西讃ブロック~文化祭

前の記事に書いた原二ツーリング。


この翌日、猟友会の先輩(老人)に呼び出された。


何事かと問うと猟友会主催の射撃大会やから鉄砲持って集合とのこと。


クレー射撃なんぞ、免許をとる過程でやらされた以来やってない。


ルールさえわからん。


そんな中始まった大会。


結果は言わずもがな。


ただボクの左に出る者もかなりいたので目立たなくてよかった。

IMG_3639
ジジイだらけ…









その翌週には少林寺拳法西讃ブロック大会があった。


ボクは雑務要員として駆り出された。


スタッフ不足なのか、いつもより忙しい。


そんな中ちょっと気になったのが点数のつけ方。


大きな大会と違い、少し略式の採点方法


悲しいかな忖度が通ってしまうザルな採点方法。


もちろんそんな事はないとは思うし、やる人もいないと思う。


が、やろうと思えばやれるし、逆に邪推される心配もある。



あと演武披露の順番による問題。


これには発表順による有利不利が間違いなく存在する。





ただ、以上の事は地方大会では当たり前の事。


ボク自身も多少気になる程度で今までスルーしてきた





しかし今回、1位を逃して涙を堪える拳士を見た。


話を聞くと、負けて悔しいのではなく、納得できなくて悔しいのだという。


本気で取り組んでいるからこその悔し涙。


「今回は順番が悪かったな。」


「あの採点はちょっと厳しかったな」


それでは納得ができないのだ。


「納得できない」と口にする人がいれば、その意見を拾う必要はある。





もちろん運営側には出来ることと出来ないことがある。


それこそ採点云々となれば、本部以外は手出しできない領分なのだろう。


毎回運営は 大会が終われば反省点を洗い出し、次に向けての対策を立てている。


下っ端には思いもよらないメンドクサイ諸事情諸々 山ほど存在するのであろう。


それはもうめちゃくちゃ頑張ってるのを知っている。


知ってるからこそ


「下っ端は、下っ端らしく黙っとけ!」


そう言われるとぐうの音も出ねぇ。





うーん、この辺の問題は考えれば考えるほど根が深いというか何というか…。




ただ、これからを担う有望な拳士が、少林寺を好きで続けていく為に、何かしら善処していく必要があるように思う…






…と、隣の見知らぬオッサンが喋ってました!

オッサンは今頃当局に消されてるかもしれんな…

BlogPaint











さてさて、その翌週は某小学校の文化祭に演武披露しに行った。


急に言われたので、練習時間は約1時間半。


構成なんぞ考える時間もない。


今回の相方が初段なので、2段昇段審査の演武を丸パクリ。


いや、丸パクリどころかダウングレードバージョン。


本番では練習不足を誤魔化すため&迫力を出す為、相方を蹴りまくった。


もちろん蹴り込みはしないのだが、当て止めとは言えない蹴りを入れまくった。


事前に了承は得ていたが、誠に申し訳ない事をした。

img_0








何気にバタバタしたこの一ヶ月。


狩猟も解禁され、来週からは猟友会の長老達との憂鬱な山歩きが始まる。


しかもぼちぼち忘年会シーズンが本格的に到来する。


無事 年を越せるよう、そこそこセーブしてなんとかやり過ごしたい。



少林寺拳法 三豊市合同訓練

少林寺拳法 三豊市合同訓練に参加した。


今回は道院長が所用でお休みの為、代理での参加。


道院長の代理という事は、指導者としてということ。


他所の子たちを教えたことなんて全くない。


不安いっぱい。


打ち合わせの結果、見習い、8、7級拳士の指導があたった。


幼稚園児~小学低学年が主のグループ。


マジか・・・。


ホンキで右と左を微妙に理解できてない子達が散見される 間違いなく指導が一番困難を極めるであろうグループ。


嫌がらせか?嫌がらせなんか!?


しかし文句は言えない。


間違いなくこの中で一番のペーペーなんだから。





練習が始まった。


「暑い~」と言って座り込む子。


うんうん、暑いけどガンバろー。


「オチッコ~」と股間を押さえてる子。


練習前にトイレ行っとこうね。


延々と鼻クソをほじくってる子。

fd88c1e8d7c46bbe8a63127feaf579b9_400



・・・・・。




10年前のボクなら確実にモンゴリアンチョップをかましてる。

025_R_2016061923324457f



いや、保護者が見てなかったらやってたかもしんない。


つーか保護者。


見てるんやったら、頼むから注意してくれ(/TДT)/



とりあえず技術的な事を教えるのは早々に諦めた。


大きな声を出して元気よく!


それだけを考えて指導した。


だんだんとテンションがあがってきた子供達。


おお、なんとか練習っぽくなってきた。


しかし すぐ集中力が切れる。


はい、そこ座らない~。


どした?オシッコか?



鼻クソ禁止ー!


・・・・・。



最後までそんな感じだった。




練習が終わり すでに満身相違。


指導者って凄い、本気でそう思った。




解散後、一服しながら ふと思った。


歌のお兄さんのスキルが必要やな・・・と。


とりあえず来年 もしも指導にまわるなら


小学高学年でお願いします!





2017少林寺拳法香川県大会

7月2日に 2017年度少林寺拳法香川県大会が行われた。


今回の大会は少林寺拳法創始70周年の記念すべき大会らしい。



        70th_logo





開会式で挨拶してたお偉いさんがそう言ってた。


多分そのお陰なんだろう、開会式が めっさ長かった。


9時30分から始まった式が終わったのは10時45分。


いつも大概長いのだが、更に輪をかけて長かった。


もちろん はしょれないものも色々あるとは思うが、それにしてもクソ長かった。


今回ボクは観覧席で見てたのだが お母さん達のブーイングが凄かった。


あくまでお母さん方の。


ボクの意見では決してないので怒らないで(゚ω゚;A)


でも運営は、こういった声に耳を傾けなければ・・・とは思った。

IMG_2533
(この状態で一時間以上…)




さてさて、本番が始まった。


今回の高瀬スポ少の拳士はいつもとちょっと違った。


我が道院の出場拳士全員の気合、気迫が まぁ半端なかった


全員が全員、普段以上の力を出したと思う。


いや、確実に出ていた。


普段の練習を間近で見てたボクがビックリしたくらい。


道院長が普段よく言っている


「気持ちを乗せろ!」


とは、まさにこの事だと痛感した。






結果は、ウチの三男坊は小学4~6年 組演武の部で見事2位をとった。


本人達も普段以上の力を発揮したのを感じていたらしく素直に喜んでいた。


悔しい気持ちもあったと思うが、それ以上に満足したんだろう。


猛練習で青タンだらけになった甲斐があったな三男坊。





他の子たちもほんとよくガンバった。


子供達の演武を見てて、冷血超人のボクの胸がジーンと熱くなった。


ほんとにほんとに凄いものを見せてもらった。


入賞云々に関わらず、みんなには胸を張ってほしいと思う。











最後に閉会式。

IMG_2536

今までに無かった、太鼓の演奏にあわせて 数組の演武披露があった。


これも70周年にちなんだものだろうか。


おかげ様で閉会式も長かった・・・。




県大会は、「東讃」「中讃」「西讃」が毎年交代して運営している。


ちなみにボクたちは西讃。


今回は中讃が担当だった。


こういった大会を見せられると、自分達の時に何周年記念とかに当たったら(( ;゚д゚)))アワワワワ


と考えてしまう。


まぁ、ボク如きペーペーがどうこう言う資格なんて微塵もないんですが・・・。






まぁとりあえず、子供達のとんでもない成長が見れて、ホントにいい一日でした。



あと、大会結果は後日こちらに掲載されると思います。




スポンサードリンク
プロフィール

シロ

スポンサードリンク
スポンサードリンク