とうとう来てしまった。


地元小学校での演武披露


自律神経失調症が出てしまい練習はほぼできてない。


体調も7割回復といったところか。





ボクら少林寺拳法の発表時間の予定は13:50


なので13:00過ぎに集合した。


会場の雰囲気を確かめようと体育館に入ったその時


「次は少林寺拳法です」


とアナウンスが流れた。


え?


まだ13時ちょい過ぎですよ?


あわてて子供達を集めて控え室にぶち込む。


ボクは運営のところへいき早すぎて用意ができてない旨を伝える。


運営によると、激烈スムーズ進行に加え、欠席があったので メチャクチャ前倒しになってるのだそう。



何にせよ、そんなすぐ用意はできないのでちょっと待ってもらう。


こんな時に「さすが田舎!」という現象が起こる。


飛び入りのカラオケで場を繋ぐ猛者が現れた。


おかげ様でなんとか用意できた。


だがトラブルは終わらない。


今度は飛び入りのカラオケが終わらねぇ・・・


用意が出来たと伝えたにも関わらず、歌が終わらねぇ。


司会者が


「次お願いします」


と伝えにくるにもかかわらず、次の曲が始まる。


降りた緞帳の裏で途方に暮れる少林寺ズ。


「次こそ本当に本番です」


数回目の本当に本番ですを経て緞帳アップ。


うへぇ、緊張する。








演武は何事もなく終了した。


練習してない割には、そこそこ無難にこなせたんではなかろうか。


なんにせよ、母校である小学校の文化祭での演武発表はこれっきりにして欲しい。


なぜならば、顔見知りがそこそこいてモーレツに恥ずかしいから。



まぁ、やるかやらないかは道院長が決めるのでボクなんぞ発言権はない。


ただド地元だけは勘弁して欲しい