数日前から


コツン、コツン・・・


と、ボクの部屋の上から音が鳴るようになった。


2階は物置になっている。


最初はネズミかと思った。


が、音の種類が違う。


家鳴りとも、人の足音とも違う。


硬い物で木の床を軽く叩くような音なのだ。


それも一日一回のみ。


ボクが聞いてない日は子供が聞いていた。




気になってたが、害もないし、めんどくさいので放置していた。












音が鳴り出して10日ほど経った頃


仕事を終え帰宅すると、2階へ続く階段のライトがついている。


誰や点けっぱなしにしてんのは


ライトを消そうとスイッチを押そうとしたその時


コツン、コツン


と音が聞こえた。


これはいい加減確認しろや!って事なのか?


まぁついでやし確認することにした。






階段を登り、ボクの部屋の上部分に移動する。


音がしてるのはこの辺かな?と覗き込むと、縦長の箱が落ちているのに気付いた。


なんだコレ?


拾い上げて中身を確認すると・・・




ぎゃああああああ!!


IMG_4290



あ、足!?






落ち着いて確認すると市松人形だった。

ダウンロード (1)



あぶねぇ、マジで漏らすところだった…




どうやら上に置いてあった市松人形が入った箱が、なんかの拍子に落ちてしまったのだろう。



ふーむ・・・


暫し考える。




とりあえずボクの脳内で音の出所を検証してみた。


1. 市松人形の箱が落ちる。



2. 市松人形難儀する。


3. 一番近い部屋のボクに向けてSOS発射。




という風な結果に軟着陸。


後で家族に話をすると、全員が同意してくれた。


オカルトに前向きな家族で良かった。




それ以降、謎のコツコツ音はしなくなった。


うん、良い事をしたな。市松人形も喜んでることだろう。





ただひとつだけ市松人形にいいたい事がある。


お礼を言いに姿を現すのは絶対ナシな!