今日はバイクのエンジンオイル交換をしました。

愛おしい愛車 DUCATI STREETFIGHTERのエンジンオイル交換。

年間走行距離は1500Kmくらいですかね。

もう笑われちゃうくらいほとんど乗ってないですね。仕事ばっかり

なんですよ。このオイル交換も仕事の合間にやっちゃいました。

本来はいくら乗ってなくても、一度でもエンジンをかけちゃうと半年

程度で交換しなくちゃダメらしいんですが、このバイクのメーカー

指定のオイルがバカみたいに高い!シェル アドバンスのなんたら

かんたらってオイルなんですが、こんな高いものを、年間走行距離

1500Kmに年二回なんてかなりキビしい・・・。って事で、毎年この

時期に交換します。でも実はシェルアドバンスなんとかは使用した事

ないです。シェルより安く、ネットの評判もそこそこのエンジンオイル

Castrolのパワー1レーシング 10W50全合成油を使ってます。

これでも車に比べると結構しますが・・・。

で、オイル交換を開始です。ドレンプラグを外してオイルを排出します。

年間1500Km程度の走行距離では、オイル交換するのがもったいない

くらい見た目は凄いキレイです。

次にオイルエレメント交換。これもテキトーに外します。

僕は性格上の問題でなんでもキツく締めすぎるクセ?があるので、まず

ドレンボルト側とエンジン側にオイルを抜く前に印をしておきます。

エンジンオイルを抜いたあと、ドレンプラグを締めつける時、印したところ

まで締めて、締めすぎを防ぐためです。エレメントはパッキンがついて

から3/4回転締めます。よくわからないけど そう決めてます。これでも

多分締めすぎかも?

で、例の高級オイルを車体をまっすぐにして、点検口みながら入れます。

入れ終わったらフタをしてエンジン始動!

しばらくエンジンかけたまま放置して、その後漏れがないかチェック。

オイル漏れがなかったのを確認してエンジン停止。オイルレベルチェック。

エレメントを替えているので、そっちにオイルが流れていった分減っている

のでオイルを注ぎ足します。

これでエンジンオイルとエレメントの交換は終了です。

また一年元気に走れますように。でもこの暑さでバイクより体の方が心配

やったりして・・・。

では、また