ド素人考察

ド素人が、どっかで見て気にいったモノや思いついたモノを出来そうな範囲でなるべく簡単にあんまりお金をかけずに小学生になら喜ばれる程度のクオリティでとりあえず工作してみる、そんな感じ。 最近は雑談がメインなんで、タイトルを工作から考察にコッソリ変えたのはここだけの秘密

2019年01月

天空の滑走路

道を走っていて、ふと目線を上げると


「うわっ、あんな高いところにガードレールがある…」


「あんなところに道があるんかな?」


そんな事がたま~にある。




最近、我が三豊市がゴリ押ししてる「父母ヶ浜」


「日本のウユニ塩湖」などと、本家に怒られそうな事を謳っている。



写真が上手な人が撮ると、こんなのとか…

858

こんなスゲーのが撮れるらしいが・・・

39625342_675800596133333_7073128717748273152_n


ボクが撮るとこう

IMG_2659

・・・。


つーか、こっちのがリアルやからね。





我が市はここを「天空の鏡」として絶賛売込み中。


こないだ行った「天空の鳥居」といい、ウチの近所では「天空」が最近のトレンドらしい。

IMG_E3689




話を戻そう。


この父母ヶ浜の背に聳える七宝山(しっぽうざん)。


この七宝山の上の方に気になるガードレールがある。


ただ、誰に聞いても「そんなん知らん」との事。


ここは我が身をもって突撃するしかあるまい。


小回りのきくモンキー125を駆るボクに死角は無い。




ちなみにボクは、自他共に認める


明日の心配が足りない人


である。


地図とかも確認せずに勘を頼りに突撃する。


いつもなら全く役に立たないこの「勘」が、この日は冴まくり。


事前準備が皆無だっにも関わらず、そこそこ順調に山を登っていく。


あっという間に件のガードレールに到着。


おお、絶景かな!(写真撮り忘れた)


ただ、道はまだまだ続く。


行けるとこまで行ったれ!


どんどん進むと峰のほぼテッペンに到着。


そこはちょっとした広場になっており、父母ヶ浜を一望できる。


その広場の真ん中あたり、海側に突き出すような格好の謎の台を発見。

IMG_E3730

なんじゃコリャ!?


広場にあった電力会社の注意書き看板を確認すると


「ハングライダーする人は高圧電線に注意」


っぽいことが書かれている。


なるほど、謎の台はハングライダーの滑走路なのね。


そういや昔はちょこちょこハングライダー飛んでたわ。


へ~、ここから飛んでたんやな。






まぁそれにしてもクソ高い。


台の上に立つと足が震える。


が、なんとか踏ん張って決死のパノラマ撮影。

IMG_3732

相変わらずキレイに撮れねーな・・・。



実はこの時「Tello」というドローンを持っていた。


最大伝送距離100m×最高高度10m程度のいわゆるトイドローン。


小さい機体なんで、風にもめっぽう弱い。


こんなところで墜落させると回収不能なのでドローンでの撮影は諦めた。


もうちょっと下界で練習してから再挑戦してみようと思う。





さてさて、家に帰り、この場所について調べてみた。


知る人ぞ知る秘密の場所やと思ってたら・・・


三豊市の観光協会のHPに普通に乗ってた_| ̄|○ ガクッ・・


悔しいので勝手にリンク


通称「天空の滑走路!」


必殺の天空シリーズ第三弾


どうやらイチオシの絶景ポイントらしい


が、いかんせんアクセスが少々お悪い。


いつ行っても人は少ないと思われる。


それどころか 三豊市民でもココを知ってる人は少ないんではなかろうか?




walk-e1516928919303

あとで知ったのだが、あそこではこんな空中散歩っぽい写真が撮れるらしい。


但し、あの台の上でジャンプできる剛の者でなければならない。


チビるかもしれんが今度頑張ってやってみようかな?


まぁ撮ったところで…

IMG_2659

やっぱりこの程度にしか撮れへんのやろなぁ・・・


ま、家から近いんで、替えパンツもってリベンジしよう。


手打ちうどん渡辺

ウチの近所にあるうどん屋「手打ちうどん渡辺」さん。


県下では結構名の知れたお店。


そんな「手打ちうどん渡部」を検索すると

watanabe

ざるうどんを食べている紳士の写真が・・・。


どうやら知らぬ間にパシャリとやられていた模様。


「渡辺うどんで検索すると、オマエが写ってる」


と知り合いが教えてくれた。


撮影を知っていればそれなりに対応してたものを・・・


俯いて二重アゴみたくなってるのが悔やまれる。

mig (1)





この「手打ちうどん渡辺」のレビューを見ていて気付いた事。


味に関しては好みによるものなので評価が分かれるのはまぁ仕方ない。


ただ対応に文句を言ってる人に一言物申す。


多分あんたが悪い


世間一般の日本人のマナーから己が逸脱してる事を自覚しろといいたい。


「子供やから食べるのが遅いのは仕方ないのに、暗に早く出ろと言われた」


みたいな書き込みがあった。


はしゃいで全く食べてない子供と、それを放置してる親をたまに見る。


推測だが、これは多分このパターンの特に酷いヤツだと思われる。


渡辺うどんを検索すると画面右上に現れる、「ざるうどんの紳士」が近くにいたら要注意


「混んでんねんから早よ食わせ」


と怒られる可能性大です。


混雑時に食い終わってるのにスマホ弄って席を立たないヤツ。


ざるうどんの紳士に見つかると


「後ろいっぱい並んでんねんで、早よ勘定すましや」


とツッコミを入れられること請け合いです。





デキの悪い客の例をあげるとキリがないのでこの辺でヤメとく。


が、ここはアレだ


やっぱりあんたが悪い!!


これに尽きる。


店の人に注意される=大概の事してるってことを自覚せにゃ…ね。

20180526134408









手打ちうどん渡辺は美味しくて良いお店です。


こちらにお越しの際は、是非寄ってあげてください。

226-7






最後にひとこと


手打ちうどん渡辺 スタッフ急募!!


だそうです。



あけましておめでとうございます

元旦や 餅で押し出す 去年グソ


昔からよく耳にする名句である。


自分のお腹を押さえてふと思う。


年も明けて数日経つのに小出しにしか出てこねぇ・・・。


普段はなんの抵抗も無く勝手にスコーン出るのに。


ぬぅ、こんなことは初めてだ。







新年早々汚い話でスイマセン。

改めまして明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。




さてさて、年が明けて早や一週間が経った。


この間の出来事を簡単に纏めてみた。




大晦日夜から、氏神神社へ。


参拝者のお接待をしつつ、0時をまわったら獅子舞奉納。


この獅子舞でガラスの腰が砕け散る


元日、家族総出で氏神&お墓参り。


その後毎年恒例の親戚一同による食事会。


2日、家族総出で、わりと近場にある高屋神社へ。

IMG_E3689
天空の鳥居の下で佇むウチの子と甥っ子達。

IMG_E3691
展望台で瀬戸内海を望む。


この後 義兄と荘内半島をプチツーリング。


3日は家でゴロゴロ、4日から仕事。


で、6日の日曜日に事件が起こる。


同級生の兄であり、クロスカブ所有のH氏から

「大麻山登れるようになったからモンキーで登ってみて」


と言われていた。


ちなみに大麻山とは「こんぴらさん」がある山の裏側のわが町目線の名称。

IMG_3692



10数年前、400ccのバイクで登ろうとして失敗してたのでリベンジしてみた。


最初こそ気持ちよく走ってたのだが、少しずつ道が悪くなっていく。


ある程度登った頃にはこんな感じに・・・

IMG_3698

ふざけんな!!


落ち葉 枯れ枝 そこそこデカイ石がゴロゴロ・・・。


年末にキレイに掃除したモンキーも泥だらけである。


画像には映ってないが、実はイノシシが横切ったあとの一枚。


目の前を野生のイノシシが我が物顔で闊歩する恐怖の現場。


イノシシが戻ってこないうちに立ち去ろうとアクセルをまわしたその時


「ブチッ!」


バイクの腹の下で何かがちぎれた音がした。


その途端にエンジンがとまる。


うへ~、こんなところで・・・。


見てみると、スタンドに付いてる安全装置の配線がぶち切れてる。

IMG_3696



多分枯れ枝がひっかかったのであろう。


手持ちの工具等では応急措置もできない。


仕方ないので、この道を教えてくれたH氏に℡。


ある程度のところまで下山し、軽トラでかけつけてくれたH氏と合流。


H氏に感謝しつつ、ひとつ思い出したことがあった。


中学生の時の遠足で、ボクはこの山で遭難しかけた。


バカなボクは登山道を無視し、直線で山頂に登るという暴挙にでた。


結果、見事に迷子になった。


途方にくれ、助けを求め大声を出す。


あ、そういや・・・


この声を聞き、ボクを助けてくれたのはH氏の弟だった。


なんたる偶然!


これはもうH家には足を向けて寝れんな。


・・・いや待てよ。


そもそもあの道を教えてくれたのはH氏だ。


H氏に聞いてみた。


「Hさん、カブでちゃんと上まで登れたん?」


するとH氏は


「上は猪の楽園やったから怖くなって途中でやめた」


・・・・・は?


H氏曰く、ウリ坊の群れを見て、怖くなって途中下山したとのこと。


登ってへんのか~い!!

o1080100014289444636





どっちにしろ、ボクはこの山に嫌われてるらしい。


しばらくは大麻山には近づかないでおこう・・・


あと、恐るべしイノシシ年

inoshishi_chototsu_moushin









と、そんな感じではじまった2019年。



新年一発目からコレなんやから、 先が思いやられるなコリャ。




とりあえず、修理代安くすみますように!


あとお腹がスッキリしますように!!



ではでは、本年もどうぞ宜しくお願いします。



スポンサードリンク
プロフィール

シロ

スポンサードリンク
スポンサードリンク