ド素人考察

ド素人が、どっかで見て気にいったモノや思いついたモノを出来そうな範囲でなるべく簡単にあんまりお金をかけずに小学生になら喜ばれる程度のクオリティでとりあえず工作してみる、そんな感じ。 最近は雑談がメインなんで、タイトルを工作から考察にコッソリ変えたのはここだけの秘密

2016年04月

腹筋

何気なくヘソのゴマを掃除していると 違和感を感じた。


なんだかヘソが深くなっている・・・。


いや、ヘソが深くなってるのではない。


理由はすぐにわかった。


そう、ヘソ周りに肉がついているのだ。


コレはやばい。


そういやパンツのゴムに肉が乗り出した・・・。




背の低いボクは、せめてもと思い、昔から体型だけには気をつけていた。


少し腹に肉がつこうもんなら、それなりに運動して凹ましていた。


しかし今回付いた贅肉は、なかなかぶ厚そう・・・。


そういや半年くらいなんにもしてない。


毎週2~3回は少林寺拳法に通っているが、ほぼ小学生の指導にまわっているので、運動してるとは言い難い。


これではあかん!


部屋の隅でホコリを被ってる腹筋マシーンを引きずり出す。


ワンダーコアでは満足できない輩の為のシックスパック製造マシーン


その名も「パーフェクトシットアップ」

615kIZ5bnKL__SY355_


ショップジャパンが取り扱ってるにも関わらTVではお目にかかったことはない。


おおよそ一般受けしない、知る人ぞ知る逸品である。


普段 床で100回腹筋できる人でも、この器具を使うと、多分10回くらいしか出来ないのではないだろうか。





コイツで腹筋を鍛え上げ、腹回りの代謝をよくして贅肉とオサラバする作戦を決行することにした。


もちろん贅肉には有酸素運動が一番なのだが、時間がかかる運動は苦手だ。


パパッとやって、パパっと終わらす。


多分 間違ったやり方なんだろうが、今までコレでなんとかなってきたので今回もコレでいく。





ってなことで、器具に体を固定し、早速腹筋開始。


ちなみに負荷は最大レベル。


強ければ強いほどいいと思っているバカモノである。


自覚してるから、それはそれでいいんじゃなかろうか。





①まずは口から息を吐きながら、3秒かけて体と脚を起こす。


②次に息を止めて3秒停止。


③最後に鼻から息を吸いながら3秒かけて足と体を倒す。


この時、完全に背中がつかないようにして、常に腹筋にテンションをかけておく。

prfsiu



ぶはーーーっ!


①~③を繰り返すと10回が限界。




ちょっと休憩し、次は捻りを加えた運動。


右肘と左膝が当たる様な運動。


perfect02


これを同じような感じで左右交互に10回ずつやる。


初日にこれらの運動をインターバルを入れながら4セットしてみた。








翌日、見事に腹筋が死んだ・・・。



たった4セットで悶絶する程の筋肉痛。


日和っていた腹筋にスパルタンな喝を入れたはいいが、後の事を全く考えてなかった。


小学生なら泣いても許されるレベルの痛みが動く度に襲ってくる。


コレ、筋肉が千切れてるんじゃなかろうか・・・。



こりゃ痛みが治まる2、3日の間、なんにもできん。





シックスパックは暫く先になりそううやな・・・。




飛行訓練

仕事場の倉庫が、朝っぱらから何やら騒がしい。


覗いてみると、丸々と太ったスズメの子が4匹入り込んでいる。


どうやら仕事場の近くの巣から飛んできたらしい。


ああ、もうそんな季節か。


毎年の恒例になっている子スズメの飛行訓練だ。


飛行訓練に毎年ウチの倉庫を選んでくれるのは光栄?なのだが、こちらも何かと気を使う。


子スズメにとって危なそうなものを片付けしなければならないし、なにより委細構わずフンを撒き散らすので、それらの対策もしなくちゃならない。


飛行訓練時の子スズメは、何故だか水のようなフンをする。


いや、フンの形状なんぞはどうでもいい。


彼らは思い思いに絨毯爆撃をしていく。


しかも


「オマエ、さっき出したばっかりやろ!?」


という具合に、親から貰ったエサの回数より数倍 フンの回数が多い。


頼むから、そんな小刻みに出さずに もうちょい貯めてから出せ!と言いたい。


とにかく掃除だけが非常にメンドくさい。

IMG_1742



子スズメ達は倉庫内とウロチョロしながらチュンチュンと ひっきりなしに鳴き続ける。


親スズメは休むことなく定期的にエサをやりに来る。


よく見ると、子育てに帆走する痩せた親スズメより、子供の方が明らかにデカい。


スネをカジるのにも程がある。



たまに、子スズメの鳴き声を聞きつけて、近くにカラスがくる。


すると親スズメが颯爽と現れて、警告なのだろうか、いつもと違う声で鳴く。


すると今まで煩かった子スズメ達はピタリと鳴くのをやめる。


フムフム、なかなか面白い。



ん?まてよ。


そういや、ボクが近くに行っても鳴きやまなかったな。

IMG_1741
(近距離で撮影しても知らん振り)

スズメにしたら オレ < カラス なのだろうか・・・。




ナメられたもんである。



1369523450092



ひと通りの訓練が終わったのだろうか、昼過ぎに一匹、また一匹といなくなった。


最後の一匹は夕方までネバったのだが、それも気がつくといなくなっていた。


あれだけ賑やかだった倉庫が、いつもの静かな倉庫に戻る。


なんかちょっと寂しい。





でも、白い点々だらけの倉庫を見てすぐさま現実に呼び戻される。


ああ、掃除がメンドくせぇ・・・。





とりあえず、みんな無事 巣に帰れたことを願う・・・。


マドンナ

ボクが集金業務があんまり好きではない。


好きではないのだが自分なりになかなか上手くやってると思う。


多分、客受けはいいはずだ。


それ故に神経の消耗具合が半端ない。


ハゲのDNAを色濃く受け継ぐボクの頭皮には間違いなく致死量な業務である。




そんなボクでも、誰にも譲れない集金場所がある。


ウチの客で唯一のブティック。


そこに、それはそれはかわいらしくてキレイなお姉さんがいる。


ボクの心のオアシスである。


お姉さんの歳は、ボクと同じか少しだけ上だろうか?


「ザ・淑女」そんな感じ。





小さい声で喋るその姿に、最初はドキドキしてあんまり会話ができなかった。


苦手な業務とはいえ、喋ってなんぼの仕事。


わかっているのだが、緊張してなかなか喋ることが出来なかった。



しかしボクも厄年をなんとか乗り切ろうとしてる脂の乗ったオッサンである。


いろんな集金先の猛者共に揉まれまくったせいか、心臓も肉厚になってきている。


そんな修行の賜物で、ここ2年くらい前から集金以外の事も少しずつ話せるようになってきた。


他愛もない会話を3分、5分と続けれるようになってきた。


ああ、心が癒される・・・。




しかし今回の集金でやらかしてしまった。


話の流れで、調子にのって 謎のヒーロー 画像を見せるという暴挙に出てしまった。

hiro
お姉さんはクスクスと笑ってくれたのだが、後で考えると


あれって、もしかして・・・セクハラ!?


笑ってくれてたのは、実は社交辞令で、ホントのところは


「あのボケ、なんちゅうもん見せんねん!」


と思ってるかもしれない・・・。






ああああああ やっちまったああああああ!






来月の集金がちょっと怖い・・・。


でも、ここの集金は誰にも譲らん!!




散弾銃 分解清掃

先日、年に一度の銃の検査があった。


勝手に銃を改造してないとか、弾丸の出納などを調べられます。



ボクは毎年、この検査の日に分解清掃することにしている。


簡単な清掃は猟から帰ってくる度に一応やっているのだが、分解清掃となると年に1回だけ。


射撃を主にやっている人からみると


「は?年に一回!?( ´_ゝ`)ププ」


と鼻で笑われそうだが、やってないもんはしょうがない。


射撃と狩猟とでは、銃の使用頻度も全然違う。


なによりメンドくさい・・・。


ただ、年に1回って事で、分解の仕方も毎回忘れがち。


ネットで調べるも、ボクの銃の分解方法はなかなか見つからない。



ということで今回、復習と来年の為に分解方法を書いていくことにする。




ボクの持ってる散弾銃は ベレッタのテクニスゴールド。


ベレッタの391ウリカって銃と構造は(多分)一緒です。





まずは この丸っこいヤツを回して外します。

IMG_1712

銃が傷つかないように、下にはタオルを敷いてます。


これしかなかったので仕方ないのだが、それにしても見にくいな・・・。


で、次にその後ろの木の部分を引っこ抜いて外します。


IMG_1713

すでにお気づきだと思いますが、パーツの名前を全く覚えてません。


多分、覚える気がないので覚えないのだろう。



ここで、弾丸を入れるところを開いておきます。


開いておかないと、この後ちょっとだけメンドくさくなります。



別に、ここより前でもいいのだが、今回はここで開いた。


で、銃身を外し、ピストンガイドからピストンを外します。

BlogPaint

どうやら大事な部品らしく、丁寧に掃除しろとのこと。


次にちょっと注意。

IMG_1716

画面真ん中ちょい下の黒いリリースボタン。


こやつをふいに押すとオペレーションハンドルがレシーバーに激突するとか・・・。


・・・はぁ?


全く意味がわからんが、まぁやったらダメなんだろう。


レバーに指をかけてボタンを押し、ゆっくりと弾丸を入れるところを閉めます。


次にレバーを引っこ抜きます。


ちなみにボクは、レバーにタオルをかけて、その上からペンチで引っこ抜いた。


IMG_1717

次に、上の画像のツブツブがついてる銀色のところを外します。



IMG_1718
スルーっと抜きます。


この時に、どういう風になってるのかをキッチリ確認しながら抜くこと。


でないと、慣れないうちは組み立ての時


「コレ、どうやって入ってたっけ?」


っていうことになります。


最後にトリガー部を外します。

BlogPaint

まずは矢印の部分のピンを、細長いもの(ポンチや楊枝)で押し出します。


次にトリガーを外すんですが、コレがまぁ外れ難い!


ムリをするとポキっといきそうなのでちょっと怖い。

BlogPaint
 
ボクの外し方は、上の画像の矢印の通り。


しかし間違ってるかもしれないんで、真似して壊れても責任もてません。


でも多分あってると思う。


ちなみに銃床(構えた時に肩に当たる部分)もバラせるんですが、時間がなかったんで、今回はコレで終わりです。


あとは分解した部品をキレイに掃除し、可動部っぽいところには油を挿して、組み立てて終了。


これで来年もいい仕事してくれることでしょう。





超簡単 ビー玉転がし迷路 その2


こないだの 超簡単 ビー玉転がし迷路 の続きです。


といっても、ほんのちょっとだけアレンジした、ただそれだけ・・・。


ちなみにコレが前回のやつ。

IMG_1708


足りなくなったクリップを買いに行くと、同じサイズのものが売り切れだった。


仕方ないのでカラフルなクリップ(内容量半分)を購入。


こんな感じで作ってみた。

IMG_1711

カラフルクリップのお陰で若干ましになった。



次に三男坊の作品。

IMG_1735

どうやら真ん中がゴールの模様。


盤面の害のないところを塗ったらしい。


見た目が少し華やかになった。




ここで、これを見ていた次男坊が


「オレも作る」


と言い出した。


三男坊の力作をぶっ壊し、新しい迷路を作った。

IMG_1736

中学2年生の作品。


三男坊(小5)と変わり映えしねぇ・・・。




まぁ そんなこんなで、思ってたより親子で楽しめました。




みんなで作れば、あっという間にできますので、夏休み最後の日に


なんにもできてねぇ!


って方にオススメです。

  ---------------------------------------------------------------------------------------------------


熊本地震で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

これ以上、被害が大きくならないように祈るばかりです。

ボク自身、阪神大震災を身近に経験しました。

未だに地震のニュースをみると心臓を鷲掴みにされたようになり、うまく呼吸ができなくなります。

ボクが出来ることは極々限られてますが、出来うる範囲で応援していきたいと思います。


スポンサードリンク
プロフィール

シロ

スポンサードリンク
スポンサードリンク